NBJビジネス日本語プログラム | カイ日本語スクール

NBJビジネス日本語プログラム

日振協ビジネス日本語準拠プログラム

日本で仕事をしていくために必要な語学力やスキルを身につける

日本語総合コースの上級レベル相当、または日本語能力試験N2相当の日本語能力を持つ人を対象にした、ビジネス日本語を学ぶプログラムです。 このプログラムは財団法人日本語教育振興協会が策定した日振協ビジネス日本語プログラム(注1)に準拠しています。
日本語総合コースの7、8レベルのホームクラスおよび選択クラスで後述の科目を履修します。

BJTビジネス日本語能力テストについて

BJTビジネス日本語能力テストは日本語やビジネスの知識を測るだけのテストではなく、与えられた情報を適切に処理し、対応することができる能力を測るテストです。
NBJに含まれるBJT対策クラスで2ヶ月半(概ね30時間)学習することで、60~80点程度の伸びが期待できます。(これはNBJ受講者のこれまでの実績であり、スコアの伸びを保証するものではありません。)

レベル スコア 概要
J1+ 600 - 800 どのようなビジネス場面でも日本語による十分なコミュニケーション能カがある。
J1 530 - 599 幅広いビジネス場面で日本語による適切なコミュニケーション能カがある。
J2 420 - 529 限られたビジネス場面で日本語による適切なコミュニケーション能力がある。
J3 320 - 429 限られたビジネス場面で日本語によるある程度のコミュニケーション能力がある。
J4 200 - 319 限られたビジネス場面で日本語による最低限のコミュニケーション能カがある。
J5 0 - 199 日本語によるビジネスコミュニケーション能力はほとんどない

関連サイト

受講生データ(2017〜2019年)

地域・国籍

地域
ヨーロッパ(18) イタリア(10)
スイス(3)
ドイツ(1)
スペイン(1)
ポーランド(1)
ウクライナ(1)
フィンランド(1)
北米・中南米(8) アメリカ(6)
チリ(2)
オセアニア(1) オーストラリア(1)
アジア(23) 台湾(12)
香港(2)
シンガポール(2)
インド(1)
インドネシア(1)
タイ(1)
フィリピン(1)
ベトナム(1)
日本(1)

学歴

  • 大学(33)
  • 大学院(13)
  • 専門学校(5)

受講目的

  • 日本で就職したい(34)
  • ビジネス日本語に興味がある(19)
  • 国で日本語を使って仕事したい(6)
  • すでに日本で仕事している(3)

就職実績

NBJ就職実績

就職率

89%(26/29)

受講生のコメント

カリキュラム

NBJに関連する科目は以下の通りです。

2020年3月まで

  • 「就活の日本語」(20時間)
    目指す企業に採用されるために、採用面接での話し方、言葉遣い、マナーなどを学びます。模擬面接も行います。
  • 「仕事の日本語」(40時間)
    職場での同僚や上司とのコミュニケーションを学ぶ授業です。上司からの指示にどのように応え、確認するか、わからないことを質問したり、お礼、謝罪の仕方など、日常会話とは異なる仕事のための表現を学びます。
  • 「CBL Community Based Learning」(20時間)
    外部の日本人との協働プロジェクトを通して、チームでの作業の進め方とそのために必要な実務的な日本語を学びます。
  • 「BJT対策と実践」(80時間)
    JLPTとは別にビジネス日本語能力を測るために作られたテスト「BJT(Business Japanese Test)」の受験を目指します。単なるテストの対策クラスではなく、テスト内容に出てくるビジネス日本語の表現などを使って、日本人とともに仕事を進めていくために必要なコミュニケーション能力を養います。

2020年4月以降

4・10月期開講クラス

  • 就活準備A
    履歴書の作成や面接対策トレーニングを行います。専門家による実践練習で、本番に備えます。
  • 機能別ビジネス日本語(電話とメール)
    就活と仕事の場面を想定してロールプレイやメール作成など実践的な練習を行います。
  • BJT対策
    Business Japanese Testの出題形式や解法テクニックを学び、J2獲得をめざします。
  • 問題発見解決
    仕事に関するケースについてディスカッションしながら、問題・原因・解決方法を考えます。

1・7月期開講クラス

  • 就活準備B
    履歴書の作成、自己PR、模擬面接をします。外部から面接官を招いて模擬面接とフィードバックで弱点を把握し、本番に備えます。
  • 機能別ビジネス日本語(対面)
    報告・連絡・相談・指示・理解など社内コミュニケーションの基本が日本語でできるようにします。
  • 敬語トレーニング
    大切な場面で敬語がしっかり使えると印象が変わります。ワンランク上の自分を演出できるように徹底トレーニングします。
  • 企業分析プレゼン
    SWOTで企業分析を行い、プレゼンします。プレゼンで使う定番フレーズを効果的に使って、わかりやすく説明できるようにします。
  • Project Based Learning
    外部の日本人との協働プロジェクトを通して、チームでの仕事の進め方と実務的な日本語を学びます。
  • 注1:日振協ビジネス日本語プログラムは、外国人が言語や文化の壁を乗り越え、ビジネス課題を達成できる日本語コミュニケーション能力を身につけ、国内外の日本企業や日系企業等で能力を発揮し貢献できる人材になることを目指したプログラムです。カイ日本語スクールのNBJビジネス日本語プログラムは日振協の定めた基準に適合するものとして登録されています。
  • 注2:NBJ修了には上記の科目のほかに、ホームクラスの受講も必要です。
  • 注3:4月期と10月期はBJT対策クラスを受講する必要があります。従ってその学期に開講するJLPT対策クラスを受講することはできません。

受講要件

NBJの受講には、日本語総合コースの上級レベルまたはN2相当の日本語力を持っていることが必要です。受講の可否を判断するため、下記のプレスメントテストを行います。

カイの総合コースを受講されていない方の場合

  • N2に合格している方は、インタビューテストを行います。
  • N2に合格してない方は、レベルチェックテストおよびインタビューテストを行います。

上記のプレスメントテストの結果、日本語レベルが十分ではないと判断された場合は、総合コースで勉強した後に受講となります。

カイの総合コースを受講している方の場合

  • 出席率とプレスメントテストで判断します。