おやゴコロ。。。

  • 投稿日:
  • カテゴリ:

日曜の夜、娘が眠った後、足が痛いと言っていたのを思い出し、消炎シップを貼ってやりました。
貼りながら、ついこの間までまだまだ小さいと思っていた娘も、気がつくとずいぶん
大きくなっていて。こんなところまで足が来ている、と、ベッドの娘につぶやいたりして。

親にとって、子どもの成長は本当に嬉しいと同時に、手を離れて行く寂しさも感じる
ものですが、そんなことをつらつらと考えつつ。シップを貼る自分も、いつの間にか
親らしくなったものだ、と独りごちつつ。。

翌朝、娘が何か大きな声で言っていました。
顔を洗っていた水を止めて「なに?」と聞いた私に娘の一言。

あのさ〜、シップしてくれたでしょ〜。
せっかくなんだけど、はんたいの足なんですけど〜。