san-in-sen

  • 投稿日:
  • カテゴリ:

いよいよ参院選の投票日目前に迫って来ました。

外国人から見ると、日本の政党はどうなんでしょうか。
まず政党名ですが、昔の政党は、民主、自由、社会、日本などの言葉の
組み合わせなので、自民党や社会党ルーツの政党名はよく似ています。

jimin minsyu syamin....
昔はパッキリと違いましたが、名まえが似て来た分、違いが見えなくなって来たような。。


一方、流行りの新党ですが、
kokumin shintoh, shintoh kaikaku,nihon so shintoh, shintoh daichi...

shintoh と聞けば、外国人には神道の方が耳なじみ。宗教団体と
混同している外国人も多いかもしれない。

tachiagare nippon,、
ううん。。うちの学生たちは「タチガレニッポン」と言い間違えそう。悪気なく。


ところで、社民党党首の福島みずほさん。話し方でだいぶ損をしているような
気がしていましたが、外国人には意外に受けがいいことを知りました。
その理由は、言葉がわかりやすく、語尾まではっきり話すから。
たとえば、こんな風。。

「いいえ、それは違います。そうではありません。」
「私はそのことには、反対です。」

確かに、一語一語、はっきりと話す方ですね。そう言えば、まるで初級クラスの
日本語教師のようです。



さてさて、どんな結果が出るでしょうか。

なにはともあれ、11日は投票所へ行きましょう!