ラマダンは辛くない?!

  • 投稿日:
  • カテゴリ:

トルコのラマダン明けパーティに行って来ました。

夏のラマダンは大変です。日が昇ってから沈むまで、水も飲まないのだから。
今年は特に暑いので大変でしょう?と聞くと、
「いえ、かえって元気な気持ちになります。ラマダンはいいシステムです。
なぜなら、どんなにエラい人でも貧乏な人でも、みなラマダンの間は平等に
苦しい思いをします。それが連帯感となって、どの人とも親しい気持ちになるんです」

なるほど、そんなこと考えたことありませんでした。
辛さを分け合う時にできる連帯感。確かに。確かに。

ラマダン明け(本当はあと2日ありましたが。。)を祝って出された美味しそうな料理の
数々。葡萄の葉やピスタチオナッツ、ザクロなど、地中海沿岸の恵みが、テーブルいっぱいに
出されました。

それにしても。
このザクロジュースがワインだったら。。

舌鼓を打ちつつも、罰当たりなことを毎年性懲りもなく思う私でありました。


葡萄の葉で包んだ米の料理
RIMG0016_200.jpg