「日本語学校のICTを考える会」の第2回を開催します | 最新情報 | カイ日本語スクール

「日本語学校のICTを考える会」の第2回を開催します

2019年10月15日 - 日本語教師養成講座

「日本語学校のICTを考える会」の第2回を11月30日に開催致します。カイ日本語スクールは今夏の日本語教育振興協会の夏の大会でトーキングショップに開催し、「ICT導入の次の一歩」というテーマで、これからどのような実践に取り組むべきかを来場者と話し合いました。
今回はその流れで講師をお二方お招きして勉強会を行いたいと思います。
ICT導入時には「教える」ことへの利用が中心であったICTを、学生の「学ぶ」に利用することを考えてみよう、という試みです。
また、カイ日本語スクールと同様に学校法人ではない日本語学校にとって、ICT利用に関する著作権の知識は、新しく学ばなければならない情報となります。逃げ腰になりがちな著作権知識を、実際の授業を通して具体的に学ぶことで、思い描く授業が可能になる方法を探ります。

学びに利用するICTと著作権 

 

できること:

  • 学習にICTを利用した授業をデザインすること。
  • それに必要となる著作権関連の知識を具体的に学ぶこと。

講師:

  • 藤本かおる氏(武蔵野大学グローバル学部 日本語コミュニケーション学科准教授)
  • 我妻潤子氏(株式会社テイクオーバル コンテンツライツ部長AIPE認定 知財アナリスト)

日程:

2019年11月30日(土)

時間:

13:00-17:00

人数:

30名(同じ学校からのご参加は2名まで)

場所:

カイ日本語スクール本校(JR新大久保駅徒歩5分)

参加費:

6,000円

対象:

ICTを利用した日本語教育に実践経験、もしくは実践への関心のある日本語教師の方。

条件:

  • 著作権に関する動画を視聴してくること。(2週間前にお知らせします)
  • できればパソコンかタブレットをご持参ください。

お申し込み

こくちーずのウェブサイトからお申し込みください。
https://kokucheese.com/event/index/582344/

参加費振込先口座

みずほ銀行 新宿西口支店
普通預金1096891
株式会社ケー・エー・アイ

PDFダウンロード

画像をクリックしてください。

日本語学校のICTを考える会第2回チラシ