実践力プラス | カイ日本語スクール

実践力プラス

カイ日本語スクールで新人講師への研修を担当してきたベテラン講師が、経験の浅い講師の方々をサポートする講座を開始します。今の実践力にもう一つプラスして、昨日と違う授業を目指しましょう。

開講講座

時間帯 講座 講師
10:00-12:10 語彙の教え方 望月(大森)雅美
動画作成「キホンのキ」 内藤夕子
授業の組み立て入門 倉本文子
13:00-15:10 実践!読解授業 望月(大森)雅美
【新規開講】初級文法の教え方 倉本文子
  • 午前・午後にそれぞれ1講座ずつ受講が可能です。4日間通して受講する形になりますのでご注意ください。第2期にも同内容の講座を開講する予定ですので、通しで受講することで全ての講座を受講することができます。
  • 講座の内容は変更する場合があります。

わかりやすさをプラス!!初級文法の教え方

あれこれ工夫をし導入したのに、学生から「この文法、いつ使いますか?」と聞かれたことはありませんか。この質問は、「文型の意味はわかった気がするけど、使う場面がわからない。」ということを言っていますので、学習者の中で「使える!」という実感にはまだつながっていないことを示しています。
「どうにかしたい!」と思った方。これまでの教え方をもう一歩深めてみませんか。

できること

学生に「いつ使いますか」と言われない導入ができるようになる。

内容

1回目 働きかける文型1
2回目 働きかける文型2
3回目 伝える文型1
4回目 伝える文型2

分析力をプラス!!語彙の教え方

授業内で学生から出る突然の「AとBはどう違いますか。」この質問に頭が真っ白になるのは誰しも経験済みだと思います。この質問に答えるために文法解説書を広げてにらめっこしていませんか。そんな方は学生の「わからない」を「わかった」に変えるためのとっておきのツールをこの講座で手に入れてください。

できること

  • 語彙導入の基本的な流れを知り、学習者からの質問に笑顔で対応できるようになる。
  • 学習者に必要な語彙について考えられるようになる。

内容

1回目 「わからない」を体験しよう―語彙導入の基本的な流れ
2回目 「〇はどういう意味ですか」と聞かれたら―語彙説明に必要なツールについて学ぶ
3回目 「〇と×はどう違いますか」と聞かれたら―類義語の説明について考える
4回目 「わかった」先にあるものを考えよう ―学習者に必要な語彙について考える

受講生の感想

女性アイコン

T.Aさん

今まで語彙の導入といえば絵カードばかりに頼っていた私ですが、いろいろなやり方を知り、それを他の受講者の皆さん方と実際にやってみたり、意見の交換ができたことはとても有意義で楽しい事でした。(2016秋)

男性アイコン

A.Mさん

実際の授業に即した問題を取り上げていて、内容がとてもおもしろかった。基本をしっかり押さえてからの練習で、実践する上で自信がついた。グループワークさせてから共有していくという方法で、新しい発見の喜びと共に、メンバーとの一体感を感じることができ、とても楽しく勉強できた。(2016秋)

女性アイコン

M.Mさん

参加者と一緒に考えるスタイルで、講師の先生方も一人一人の考えや疑問に対応いただいたので、積極的に参加し、楽しみながら学べました。講師の先生方の講義自体が授業の進め方のヒントになりました。ありがとうございました。

ICTをプラス!!動画作成・キホンノキ

日本の教育のICT化が進められている昨今ですが、世界中の国々で同じ動きが起きています。そんな21世紀型の教育スタイルで授業を受けてきた人たちが年々増えてくる日本語教育の世界でも新しい授業スタイルの模索が始まっています。学習者がデジタル世代に変わろうとしている今、カイ日本語スクールがあなたの授業のデジタル化の最初の一歩をお手伝いします。勇気を出して踏み出しましょう。

できること

  • 授業での動画利用の目的と意図を説明できる(理解している)こと。
  • PowerPointもしくはKeynoteを使ったスライド作成ができること。
  • 作成したスライドに音声を吹き込み動画にすること。
  • (希望があれば)Youtubeにアップすること。

内容

1回目 導入 -動画の利用の目的と意図、動画作成のツールと配信方法
2回目 実技 -スライド作成(いろいろな技術を紹介)
3回目 実技 -ナレーションの入れ方
4回目 評価と改善、カイでの取り組み事例

受講生の感想

女性アイコン

K.Kさん

PPT、Keynoteでの動画作成の手順を分かりやすくまとめて教えていただけました。嬉しかったのはボーナス(授業の合間に内藤先生が紹介してくださったお勧め本や、その他の動画ツールなど)です。ボーナスもさっそく勉強させていただきます!(2017春)

男性アイコン

M.Mさん

パワーポイントは使っていたものの、動画作りは初めてでしたので大変役に立ちました。思っていたよりも簡単に作成できることがわかり、今後の授業に取り入れていきたいと思います。また、実際に授業で使う際の実践的なアドバイスもいただけ、参考になりました。(2016秋)

女性アイコン

E.Yさん

受講前は、なんとかPowerPointの基本操作ができる程度でしたので、動画を作るなど想像もつかないことでしたが、初心者の私にも丁寧に教えていただき、サクサクと進みました。簡単に、しかも短時間で「ない形の作り方」動画を完成させることができました!他にもいろいろ使い方をひろげていけそうです。

女性アイコン

N.Nさん

キホンノキということで本当に簡単なところから教えてもらいました。自分が持っているパソコンで動画が作れるなんてびっくりしました。周りの皆さんと出来上がった動画を見せ合ったり、先生に直接指導してもらうこともできたので、とても貴重な時間でした。

女性アイコン

Y.Wさん

4回という短い期間でしたが有意義な時間を過ごせました。ありがとうございました。
「デジタル動画」と聞くと専門知識がないとできないとか、作成が難しそうだと思っていましたが順序を追っていくと普段使っているパワーポイントで、楽しく簡単にできることがわかりました。また、いろいろな教授経験を持つ受講者の皆さんのお話を聞くこともでき、良い刺激になりました。帰国後は国内の日本語学校で働こうと思っているので、参考にもなりました。

自信をプラス!!授業の組み立て入門

教案を立てる時「導入は何分でできるかな...。」「10分で練習をしよう。」と時間のことばかり気にしていませんか。時間配分も大切。でも肝心なことは、授業の終わりに「できるようになることは何か」が学生に説明できるということです。その授業の目標を明確にすれば、何にどのぐらいの時間をかけるべきかは決まってきます。

「教案がうまく立てられない」「授業が教案のとおりに進まない」と思う方。これまでの教案の組み立てを「授業目標の達成」という視点で一緒に見直してみませんか。

できること

これまでの教案の問題点を見つけて、実際の授業に即したものに改善する。

内容

1回目 授業を組み立てるもの。
2回目 授業目標の立て方と説明方法。
3回目 授業目標のための練習。
4回目 授業目標をどのように達成できたかのフィードバック。

受講生の感想

女性アイコン

T.Aさん

養成講座などで、一応は勉強したつもりにはなっていましたが、この講座でより理解が深まりました。 自分の授業の組み立て方を今一度考えなおすよい機会になったと思います。また、先生からいただいたアドバイスで、学生の反応に一喜一憂せず、なぜ成功したのか、失敗したのか考えろ、という言葉は未熟者の私に響きました。ここで勉強したことを忘れず、頑張って授業をしていきたいと思います。(2016秋)

女性アイコン

E.Yさん

日本語教師の経験がまだ浅く、これでよいのかと自問自答しながら授業を行ってきました。「授業の組み立て入門」を受講して、「こうすればわかりやすい」「こうすれば学生にとって面白い授業になる」ということ等々がはっきりとわかりました。受講経験を今後の授業に生かしていきたいと思います。先生方、ありがとうございました。

バリエーションをプラス!!実践!読解授業

読解授業って単調になりがち。学生がなんだかつまらなそうにしていて気になっていませんか。「読解授業を変えたい!」と思っているあなたに、読むのが楽しくなるような読解授業のヒントを教えます。初級だけではなく、中級、上級レベルの読解授業も扱います。<読んで解答>だけではない読解授業を目指しましょう。

できること

  • 読解の種類と目的を知り、それに合わせた基本的な授業の流れをつかむ。
  • 読み物を教材化する方法と注意点を学習する。

内容

1回目 「読む」について考える -読解の種類と目的・読解授業の基本的な流れ
2回目 読解授業を考える①初級編 -教案作成から実技まで
3回目 読解授業を考える②中上級編 -教案作成から実技まで
4回目 読解教材を作ってみよう -素材の教材化に挑戦・自作教材のポイントと落とし穴

受講生の感想

女性アイコン

Y.Rさん

初級の読解、中上級の読解とレベルも違うものについて勉強し、素材も絵本やニュース、チラシ、短い説明文など様々なものの扱いを勉強することができました。今までは授業をしている自分自身が、授業を楽しむことができずにいましたが、受講中、自分の授業で試してみたいことが沢山出てきて、ワクワクできたことが何より嬉しいです。(2017春)

女性アイコン

K.Nさん

具体的なテクニックを学ぶことができ、講座を受けている最中に自分が担当している授業のアイデアが浮かんできて、やる気がでました。また、考える時に軸にするものを学んだことによって、今後は教案を作る際に悩む時間が減ると思います。ありがとうございました。

スケジュール

2017年
第1期 第2期 第3期
1回目 2月25日 6月3日 9月30日
2回目 3月4日 6月10日 10月7日
3回目 3月11日 6月17日 10月14日
4回目 3月18日 6月24日 10月21日
申込締切 2月17日 5月26日 9月22日

プログラム概要

場所 カイ日本語スクール 3階
料金 ◉実践力プラスを以前受講されたことがある方
午前または午後 1講座(全8時間)30.000円(税込)
午前と午後 2講座(全16時間)50.000円(税込)
◉受講経験者からのご紹介の方
午前または午後 1講座(全8時間)35.000円(税込)
午前と午後 2講座(全16時間)60.000円(税込)
◉実践力プラスをはじめて受講される方
午前または午後 1講座(全8時間)40.000円(税込)
午前と午後 2講座(全16時間)70.000円(税込)
最少開講人数 3名
最大人数 動画講座:8名 / その他:10名
対象
  • いつもと違う授業ができるようになりたいと思っている方。
  • ベテラン現場教師に授業スキルについて相談したい方。
  • 自信をつけて就職活動をしたいと思っている方。
条件 日本語教師としての資格を有しており、上記にあてはまる方
お申し込み方法 問い合わせフォームよりお問い合わせください。

料金、日程、開講時間などについては、予告なく変更する場合があります。